2007年04月10日

リサイクル料金は廃車後に返還されますか?

いいえ。戻ってきません。

自動車のリサイクル料金というのは、そもそも廃車時に必要なエアコンなどの処理費用を所有者が負担するためにあらかじめ支払っておくというシステムです。

そのため、車検時に発行される「リサイクル券」が、リサイクル料を支払ったという証明となり廃車手続きの際に必要となります。

まだ車検前でリサイクル料金を支払っていない自動車を廃車にする場合は、その時点で支払うことになります。

ただし、自動車リサイクル法が施行された2005年1月以降に新車を購入した場合は、購入時の代金にリサイクル料金も含まれていますので、改めて支払う必要はありません。

支払われたリサイクル料金は、国の指定を受けた資金管理法人である(財)自動車リサイクル促進センターが管理しています。

リサイクル料金の内訳は、以下となっています。

■預託金
・シュレッダーダスト料金
自動車のシュレッダーダストのリサイクルを行なうための費用

・フロン類料金
カーエアコンのフロンガス類を回収し、破壊処理を行なうための費用

・エアバッグ類料金
エアバッグやシートベルトプリテンショナーなどの適切な処理を行なうための費用

・情報管理料金
自動車のリサイクルが完了するまでの各処理工程の情報を情報管理センターで管理するための手数料

■資金管理料金
預託金を資金管理法人で管理するための手数料
posted by 廃車のプロ at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 廃車手続きQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。